腰の痛み さくら鍼灸接骨 藤枝 交通事故治療 腰痛・膝痛治療

前回腰の鍼について書かせていただきました。

今回はぎっくり腰について少し書かせてもらいます。

そもそもぎっくり腰って何でしょう?

 

実は、定義が曖昧なんです…

そんな中でも、筋肉や関節の異常が多い様です。

ちなみに、多い物としては仙腸関節の異常や腸腰筋の異常が考えられます。

 

ちなみに腸腰筋とは下の図です

75D6C3D8-0362-4FB4-9DAB-8FBD27442F5B.jpg

腸腰筋とは背骨のお腹側から骨盤を通り脚につく筋肉です。

実際は上記図の骨盤からの腸骨筋と合わせ腸腰筋といいます。

腸腰筋とはかなり大きな筋肉で、これに痛みが出ると時間を要するかと思われます。

また、身体の表面からは触れない所もあるので、鍼による治療が有用です!

63481385-E9BC-47AC-B775-6F43CC8251A7.jpg

次に仙腸関節とは上の図です。

骨盤と仙骨の間に関節があるんです→仙腸関節と呼ばれてます。

そこが何らかの原因で動かなくなり、痛みが出ることがあります。

最近、評判の名医とかでAKAなんてやってますね?

そんな形で関節を調整し治療させていただきます。!

 

ぎっくり腰や腰痛にお悩みの方は是非当院へご来院ください!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.new-season.net/mt/mt-tb.cgi/626

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.06

このブログ記事について

このページは、new-seasonnetが2018年4月24日 15:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「腰の鍼 さくら鍼灸接骨 藤枝 交通事故治療 腰痛・膝痛治療」です。

次のブログ記事は「足湯の際は... さくら鍼灸接骨 藤枝 交通事故治療 腰痛・膝痛治療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。